お知らせ

New JICA出張講義

学校行事・授業

9月7日(水)の放課後、JICAから派遣講師を本校に招き、特別授業を実施しました。講師の石森和麿(いしもりかずま)さんは、日本語教師の資格取得後、JICA協力隊日系日本語学校教師としてブラジルに派遣され、2年間日本語の指導をしました。帰国後は起業するなど、現在は教育事業に携わり活躍されている方です。
石森さんの講義ではグローバル社会で生きていくために必要なマインドセットについて学ぶことができました。その中で「知識と実際は違う」という言葉がありました。教科書で学んだ知識をだけでは不十分であり、実際に体験してみることが大切だと教えてくれました。成功するかと考えるのではなく、実行に移すことの重要性を学びました。
また、「世の中を変える人はどんな人?」という問いを生徒に投げかけていました。石森さんの考えは「若者、辺境、異端」の3つでした。この言葉は、これから未来を担う生徒たちにとって、とても熱いメッセージとなり、改めて勉学に励もうと思った生徒もいたはずです。講義後も石森さんに積極的に質問する生徒の姿がありました。石森さんは子ども達の人生相談にも耳を傾け、全ては「行動」から始まることを教えてくれました。とても価値のある時間を過ごすことができました。これからも「挑戦」する心を持って学校生活を送ります。石森さんありがとうございました。