女子ソフトボール部

戦績

平成30年度茨城県高等学校総合体育大会兼県民総合体育大会 兼第70回全日本高等学校ソフトボール選手権大会茨城県予選会

6月16日(土)、那珂総合公園多目的広場にて、インターハイ予選2回戦(1回戦はシード)が行われ、
残念ながら、日立第二高校に 4-9 で敗れました。

先月行われた関東大会予選では準決勝敗退となったものの、3位決定戦を制して第3位となり、自信をつけて臨んだ今大会だっただけに、とても悔しい結果でした。今年は大会期間が学校の文化祭と重なったため、部員たちは文化祭モードを封印して、この一戦に懸けてきました。選手4名、マネージャー2名の3年生にとっては負ければ終わりということがわかっていただけに、何としても勝ち進んでいってもらいたかったです。
この大会で一区切りとなる3年生は、大きな成果を手にするには何が必要か、数々の苦悩を乗り越えてきたいま、自信をもって言えるのではないでしょうか。「勝負の厳しさ」という貴重な経験は今後の人生において糧になるに違いありません。次は進路実現という自分との闘いです。ソフトの経験を活かしてベストを尽くしてください!

平成30年関東高等学校ソフトボール大会茨城県予選会

5月11日(金)大会1日目 那珂総合公園

 1回戦 鹿島学園 16-1 鬼怒商業
 2回戦 鹿島学園 5-3 下妻第二
     ベスト4進出!


5/12(土)大会2日目 笠松運動公園野球場
 関東大会出場をかけて準決勝に臨みましたが、惜しくも常盤高校に 0-2 で敗れました。しかし、その後行われた3位決定戦に勝利することができ、第3位となりました。

 準決勝   鹿島学園 0-2 常磐
 3位決定戦 鹿島学園 4-3 古河第二
第3位!

 この結果、関東大会出場にはあと一歩届きませんでしたが、生徒の成長を感じる涙と笑顔の大会となりました。
 今後も引き続き応援よろしくお願いいたします!