陸上競技部(男女)

戦績

令和元年度県東地区高等学校新人陸上競技対校選手権大会

9月19日(木)~20日(金)東総運動公園陸上競技場にて、県東地区高等学校新人陸上競技対校選手権大会が行われました。
多くの選手が入賞するとともに、多く課題を発見することが出来ました。今後の成長につなげていきます。

男子総合   第2位
トラック種目 総合優勝
○100m
清水 豪  第3位
本島 潤  第5位
押山 修治 第7位
○200m
本谷 勇眞 優勝
篠塚 晴輝 第3位
本島 潤  第5位
○400m
安藤 雄晟 第2位
篠塚 晴輝 第3位
本谷 勇眞 第4位
○1500m
佐藤 雅俊  第2位
大沼 良太郎 第3位
坂本 翔   第6位
○5000m
佐藤 雅俊  優勝
大沼 良太郎 第3位
川崎 要   第4位
○走幅跳
佐藤 礼貴 優勝
○4×100mR
本谷-押山-本島-佐藤(礼) 第2位
○4×400mR
本谷-本島-篠塚-安藤    優勝


女子総合   第4位
トラック種目 総合第3位
○100m
宮内 萌絵 第2位
大木 萌々 第5位
○200m
宮内 萌絵 優勝
大木 萌々 第5位
多田 柚稀 第7位
○800m
佐藤 日和 優勝
○1500m
佐藤 日和 優勝
○4×400mR
大木-宮内-佐藤-多田 優勝

第60回茨城県高等学校陸上競技新人大会

8月22(木)~25日(日)笠松運動公園陸上競技場にて、第60回茨城県高等学校陸上競技新人大会が行われました。
多くの選手が自己記録を更新し、6種目入賞しました。県高校駅伝、来年の総体に向けさらなる成長を目指していきます。
また、佐藤雅俊(1500m・5000m)、大沼良太郎(3000mSC)が関東新人大会の出場権を獲得しました。
関東新人大会は、10月19(土).20日(日)千葉県東総運動公園陸上競技場にて行われます。

男子総合(トラック)第5位

男子1500m
準優勝 佐藤 雅俊(2F)

男子5000m
準優勝 佐藤 雅俊(2F)

男子3000mSC
第4位 大沼 良太郎(1F)

男子走幅跳
第6位 佐藤 礼貴(2D)

男子4×400mR
第7位 (本谷勇眞-篠塚晴輝-本島潤-佐藤礼貴)

女子400m
第5位 宮内 萌絵(2C)

女子800m(B決勝)
第4位 佐藤 日和(2A)

第48回茨城県高等学校陸上競技個人選手権大会

7月13、14日(土・日)笠松運動公園陸上競技場にて、茨城県陸上競技選手権大会が行われました。
多くの選手が自己記録を更新し、3名が入賞しました。新人戦に向けて、チーム一丸となり力を付けていきます。

男子走幅跳
第3位 佐藤 礼貴(2D)

1年男子走幅跳
第5位 本島 潤 (1F)

1年女子100mYH
第6位 多田 柚稀(1A)

第72回茨城県高等学校陸上競技対校選手権大会

7月5日(金)~7月7日(日)笠松運動公園陸上競技場にて、茨城県陸上競技選手権大会が行われました。
悔しさ、課題もありましたが成長も見られました。以下の選手が決勝進出、入賞をしました。

男子1500m
決勝11位 佐藤 雅俊(2F)
☆予選4分03秒14 自己記録更新

少年B男子3000m
第4位 大沼 良太郎(1F)

女子100mH
第8位 多田 柚稀(1A)

平成31年度県東地区高等学校陸上競技選手権大会

4月24日(水)~4月26日(金)東総運動公園陸上競技場にて、茨城県高等学校陸上競技新人大会地区予選会が行われました。以下の6位以内の選手が県大会の出場権を獲得しました。県大会は、5月16日(木)~5月19日(日)笠松運動公園陸上競技場にて行われます。

男子 
○100m
安藤 雄晟 優勝
本谷 勇眞 第2位
佐藤 礼貴 第6位
○200m
安藤 雄晟 優勝
本谷 勇眞 第2位
篠塚 晴輝 第3位
○400m
篠塚 晴輝 第2位
橋本 悠人 第5位
森田 昂希 第8位
○800m
橋本 悠人 第5位
○1500m
佐藤 雅俊 第6位
大沼良太郎 第8位
○5000m
飯田 慎也 第7位(※県大会出場権獲得)
○400mH
茂木 功太 第2位
○3000mSC
坂本  翔 第6位
長岡 大稀 第8位(※県大会出場権獲得)
柏熊  春 シード権にて県大会出場
○走幅跳
佐藤 礼貴 優勝
本島  潤 第3位
○4×100mR
優勝 佐藤礼-安藤-本谷-篠塚
○4×400mR
優勝 本谷-安藤-佐藤礼-篠塚

女子
○100m
宮内 萌絵 第2位
大木 萌々 第4位
○200m
宮内 萌絵 第3位
大木 萌々 第7位
○400m
宮内 萌絵 第3位
○800m
佐藤 日和 優勝
○1500m
佐藤 日和 優勝
○3000m
佐藤 日和 優勝
○100mH
多田 柚稀 第5位

当日は、保護者の皆様など多くの方に応援をしていただき、とても力になりました。ありがとうございました。
生徒、顧問ともに今回の経験を糧に今後さらなる結果を残せるよう、精一杯取り組んでいきたいと思います。今後ともご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。